Archive for 3月, 2015

セント・パトリックデー

川もビールもグリーンに染まるセントパトリックデーをご存知でしょうか?
セント・パトリックとはアイルランドの守護聖人のことで、461年に亡くなるまで、アイルランドを旅しながらキリスト教を広め各地に修道院、教会を建てたと言われています。そんなセント・パトリックを記念して、アイルランドでは彼の命日の3月17日に「セント・パトリックデー」という祝日を設けています。この日は盛大なイベントが毎年開催され、アイルランドではクリスマスよりも盛り上がると言われています。では、なぜ緑なのでしょうか。アイルランドは美しい緑の景色が多いことから「エメラルド色の島」と言われています。このことから、アイルランドのシンボルカラーは緑。なので、セントパトリック・デーの日には、緑の服を着て、緑のビールを飲んで、緑の食べ物を食べるという風習があるのです。移民の多いアメリカでもニューヨークやボストンなどのアイルランド系の移民民族の多い地域では、歳で盛大にお祝いします。中でもシカゴのシカゴ川を緑色にするのは有名です。