ラジコンぶつかり操縦者死亡

沖縄県のうるま市でラジコン愛好家の男性の顔面に、操縦していたラジコンがぶつかって死亡する事故がおきた。
6日16時ごろ、無職・小渡良雄さん(65)がヘリコプター型のラジコンを操縦していた。警察は小渡さんが操縦をあやまったとみているが、ラジコンは顔面の左側にぶつかったという。
小渡さんは目撃者の通報によって病院に搬送され、衝突から1時間後に死亡した。
当時、現場となったうるま市勝連南風原の造成地には、20人前後のラジコン愛好家がいたという。この場所はラジコン愛好家がラジコンを飛行させる場所として親しんでいた場所だった。
ぶつかっただけで恐ろしいほどの殺傷力を持っていると証明されてしまった事故となった。なぜ操縦をあやまったのかなどまだ疑問点は多いそうだ。

Comments are closed.