高齢ドライバーの事故

13日午前7時40分ごろ、東京都小金井市貫井南町の都道交差点を自転車で横断中の府中市浅間町のパートの女性(61)は、小平市仲町の無職の男性(82)の乗用車にはねられ、転倒した際に路面に頭を強く打って亡くなりました。
女性は交差点内の横断歩道上を通行中に、対向してきた男性の乗用車が左折する際に接触したそうです。
信号は双方ともに青で、男性には認知症などの診断はないとのことです。
高齢ドライバーによる重大な交通事故は全国で相次いでおり、12日には立川市の病院駐車場で83歳の女性の乗用車が暴走、2人がはねられ亡くなる事故がありました。
10月には横浜市内で87歳の男の軽トラックが集団登校していた小学生の列に突っ込み、男児1人が死亡、8人が重軽傷を負いました。
高齢者の自動車事故は難しい問題があると感じました。
免許返還しない限りは車の運転は可能です。
しかし、事故の多さを見ると、免許返還をしなければいけないと決めたら良いのではとも思います。
田舎で暮らす人は車が必要と考えると難しい問題です。

Comments are closed.